教育旅行プログラム詳細

世界一のクラゲ水族館 「加茂水族館」と 自然体験を通じて 海洋資源の保全を考える

クラゲの展示種類が世界一を誇る「鶴岡市立加茂水族館」。館内見学や学習会を通してその生態を学びます。また、温海地域では拾い集めた海岸漂流物を使ったクラフト体験や、観察が目的の地曳網漁体験を行い、海の豊かさや海洋保全について考えます。

基本情報
実施可能エリア 鶴岡市
実施可能時期 通年
所要時間 約4〜6時間
対象 小学生・中学生・高校生
対応可能人数 要相談
プログラムの流れ
1日目

加茂水族館(館内見学・学習会)==バス ビーチコーミング&貝殻アートクラフト体験・観察地曳網漁体験

学習のポイント

生態系のしくみや海岸に漂着した海ゴミから環境問題を考える。

  • 事前学習

    ●現在、海洋の機能や生態系にどのような問題や課題があるのか、海洋資源の保全のために自分たちは何ができるか考える。
    ●庄内は海の幸が豊富。その理由とそれを活かす取り組みを知る。

  • 現地学習

    ●加茂水族館の視察見学を通じクラゲや海洋生物の生態について学習する。
    ●現場に足を運び調査やヒアリングを行い、現地でしか得られない生きた情報を収集する。

  • 事後学習

    ●海洋資源の保全や、暮らしと海との関わりについて考えるほか、豊かな海づくりのために何ができるか考える。
    ●海を利用した経済活動について考える。

プログラム構成メニュー

  • クラゲ学習会

    レクチャールームにて生態や繁殖、分類などについてスライドや動画で解説したり、実物のクラゲで観察したりします。
    ・学習時間(10:50〜11:40 12:50〜13:40 15:00〜15:50)

    メニュー詳細

    人数:1回につき10名以上19名まで(20名以上は人数を分けて実施可能)

    お問い合せ先

    鶴岡市立加茂水族館
    TEL:0235-33-3036
    https://kamo-kurage.jp/

  • 海岸探索&貝殻クラフト

    海岸にはどんなものが漂着しているか調査し、海の豊かさを守るために何が必要かを考えます。ワークショプ後は調査時に集めた貝殻や木の実を用いたクラフトで海と親しむ機会を提供します。

    メニュー詳細

    お問い合せ先

    Green Blue あつみ
    TEL:050-5848-7946
    https://gb-atsumi.jp/

  • 観察地曳網漁体験 魚ッチング

    観察することが目的の地曳網漁体験です。海に入れた網を力を合わせ曳いて漁獲し、その後は実際に手で触れどんな魚がどれだけ漁獲されたかを調査します。海洋資源の減少や魚種の変化など、環境問題を実感できる体験です。

    メニュー詳細

    お問い合せ先

    Green Blue あつみ
    TEL:050-5848-7946
    https://gb-atsumi.jp/

プログラム全般に関するお問い合せ

団体名・施設名 庄内観光コンベンション協会
住所 東田川郡三川町大字横山字袖東19-1
TEL 0235-68-2511
URL https://mokkedano.net/